2010年02月27日

官房長官、調査捕鯨「提訴されるような問題ではない」(産経新聞)

 平野博文官房長官は22日午前の記者会見で、日本の調査捕鯨に関してオーストラリア外相が国際司法裁判所への提訴の可能性に言及したことに対し、「国際社会の中で認められ、合意の下にやっている行為。違法行為をやっているわけではない」と述べ、国際司法裁判所に提訴されるような問題ではないとの認識を示した。

 平野氏は「あらゆる機会を通じて、そういうことを踏まえた主張をしていく。外交面で理解をいただく努力を最後までしていかなくてはならない」とも語り、外交による解決を目指す考えを強調した。

【関連記事】
捕鯨、日本と対立激化 豪外相「国際司法裁提訴も」
シー・シェパード“放置”する米・蘭・豪は「テロ支援国家」
「鯨を殺さないで」 シー・シェパード活動家らが抗議
トーゴがシー・シェパードの船籍はく奪 日本政府要請受け
シー・シェパ妨害 農水相「IWC総会で訴える」

リコール中の三洋テレビで重傷事故=持ち手外れ落下、58件−消費者庁(時事通信)
<小沢幹事長>「敗因は政治とカネ」認める 長崎県知事選(毎日新聞)
ぶらぶら散歩 女性に人気 身近な発見楽しみに(産経新聞)
トムラウシ山遭難 山岳ガイド行動基準づくり提言 調査委(毎日新聞)
「夫婦・親子別姓」法案を提示 法務省(産経新聞)
posted by サクマ ツトム at 00:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。