2010年01月28日

清掃センター資源ごみから数十万円分の紙幣(読売新聞)

 岩手県一関市狐禅寺のごみ処理施設「一関清掃センター」に集められた資源ごみの中から、数十万円分の紙幣が見つかっていたことがわかった。

 一関署が持ち主を捜しているが、センター関係者は「こんなことは初めてだ」と驚いている。

 センターによると、紙幣は18日午後4時頃、作業員が資源ごみを手作業で選別している時に発見された。センターは同日、同署に拾得物を届け出た。

 同署は、「持ち主をかたる人が出てくる恐れがある」などとして、金額や発見当時の状況を明らかにしていない。

 センターは、一関市、平泉町からごみを回収している。問題の紙幣は14、15日のいずれかに、ごみと一緒に出されたとみられる。

地域限定で対策期間=振り込め詐欺で警察庁長官(時事通信)
<空海>唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
開かれない党首「討論」…小沢氏が導入主張したが(読売新聞)
全精社協会長、起訴内容認める=補助金不正受給で初公判−大阪地裁(時事通信)
首相「起訴ないこと望む」 石川容疑者で異例言及(産経新聞)
posted by サクマ ツトム at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。