2010年02月02日

パーフェクトダーク使い「鋼の錬金術師」流出(読売新聞)

 ファイル共有ソフト「perfect dark(パーフェクトダーク)」を使ってテレビアニメをインターネット上に流出させたとして、京都府警は27日、埼玉県上里町神保原町、レンタカー会社アルバイト丸橋隆行容疑者(37)を著作権法違反(公衆送信権の侵害)容疑で逮捕した。

 同ソフトの利用者の逮捕は全国初。

 発表によると、丸橋容疑者は今月4日、アニメ「鋼の錬金術師」の録画映像を自宅のパソコンからネット上に流し、不特定多数が閲覧できる状態にした疑い。

 同ソフトは、2006年に国内で利用が始まり、「Winny(ウィニー)、Share(シェア)の後継ソフト」と評される。利用者は約600万人という。

鞍手町元職員、公金着服で追送検=「ギャンブルに1日400万」−福岡県警(時事通信)
アパートから出火、焼け跡から遺体 千葉・富里(産経新聞)
無免許でひき逃げ容疑の男逮捕 上司一時身代わり「免許ある自分なら大丈夫」(産経新聞)
<掘り出しニュース>ツイッターで商店街ににぎわいを 香川・高松でセミナー(毎日新聞)
消費税率10%超に=自民・谷垣氏(時事通信)
posted by サクマ ツトム at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょう、加藤被告の初公判=責任能力争う方針−秋葉原無差別殺傷・東京地裁(時事通信)

 東京・秋葉原で2008年6月、17人を無差別に殺傷したとして、殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(27)の初公判が28日、東京地裁(村山浩昭裁判長)で開かれる。加藤被告側は殺傷の事実は認めた上で、刑事責任能力などについて争う方針。
 検察側は責任能力について、起訴前の精神鑑定結果から、事件当時、加藤被告に完全責任能力があったのは明白だと主張するとみられる。
 一方、弁護側は、被告が犯行当時、何らかの精神障害のため、心神喪失か心神耗弱の状態だった疑いがあると訴える方針。
 弁護側はこのほか、負傷者1人については殺意がなく、殺人未遂罪は成立しないと主張。取り押さえようとした警察官に対する公務執行妨害罪の成立についても争う。
 公判期日は8月までに22回指定され、被害者や目撃者ら計42人の証人尋問などが予定されている。
 加藤被告の起訴は裁判員制度施行前だったことから、審理は裁判官のみで行われる。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
加藤被告「弁護士に任せている」=秋葉原殺傷、28日に初公判
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点
街頭に防犯カメラ設置=東京・秋葉原の町会
裁判員「プレッシャーで寝不足」=強姦致傷罪で懲役12年

補助金2年間ゼロに=第一藍野学院の虚偽申請−私学事業団(時事通信)
国交省、官製談合で元職員にも損害賠償請求(読売新聞)
暴行相手は飲食店関係者=顔にけが、朝青龍酒に酔い(時事通信)
文化財防火デー 意識新たに、法隆寺で訓練(毎日新聞)
<お〜い!竜馬>近ツー国内旅行パッケージにイラスト起用で参加者が増加(毎日新聞)
posted by サクマ ツトム at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。